おすすめ図書(マラソン関係)

整体院 KU:MU の柴田です。
http://ku-mu.jp/
LINE@ ご予約、お問い合わせにご利用ください。
友だち追加

古い本ですが、
私が影響を受けた本です。
どちらも20年以上前に読んだものですが。。

その人の体験に基づいて、
その人にとっての真実を書いている本は、
説得力が違います。
もちろんここに書かれている内容そのままやれば良いというわけではありません。

情報が正しい、間違っているが重要ではなく、
自分が一歩踏み出せるかが大切。
その情報に触れ、
自分がどう変わるか?

私にとってそんな本です。

 

#nowplaying
恋に落ちたら / サニーデイ・サービス

整体院 KU:MU
東京都世田谷区北沢 1-45-38 北沢セントラルハイツ302
完全予約制
http://ku-mu.jp/
友だち追加

サロマ湖100kmマラソンなど

整体院 KU:MU の柴田です。
http://ku-mu.jp/
LINE@ ご予約、お問い合わせにご利用ください。
友だち追加

 

ここ最近、
サロマ湖100kmマラソンや柴又100k前だからか、
ウルトラランナーからお問い合わせが多いです。

一応私は、16〜17年前に、
サロマ湖100kmマラソンは2回走ってます。

初めてのサロマ湖は、
何も準備もせず、42km以上は走った事がなかったのに、
第1集団についていき、フルマラソンを2時間55分のハイペースで突っ込み、、
今考えるとよく走れたなという感じですが、
それでも総合7位、一般の部2位、年代別ではぶっちぎりで1位だったと記憶しています。
http://statistik.d-u-v.org/getresultevent.php?event=5790
ちなみに招待選手だった翌年は故障中の為、55kmでやめています。。

 

初ウルトラで準備もせずにそこそこ結果が出たのには、
私なりに感じたちょっとしたコツがあります。
もちろんコツだけで上手くいくわけではなく、走力が一番大切ですが。。

 

来院された方には、
直接お伝えできますが、
来院できない方へのヒントとしては、
・フルマラソンと同じと設定
・調子の波、体の流れをとらえる
・練習時からリミッターをかけておく
などですかね。
何を言っているかわからないかもしれませんが、
察する事が出来る方は是非ヒントにしてみてください。

 

#nowplaying
ZOKKON 命 / シブがき隊

整体院 KU:MU
東京都世田谷区北沢 1-45-38 北沢セントラルハイツ302
完全予約制
http://ku-mu.jp/
友だち追加

タイムを削る事と強くなる事は別の話

整体院 KU:MU の柴田です。
http://ku-mu.jp/
LINE@ ご予約、お問い合わせにご利用ください。
友だち追加

 

ランナーのクライアントさんとお話ししていて、
あるあるだなぁと感じたのが、
レースや練習後に、
「あそこで粘れなかった」「あの時、頑張れていれば」
などの後悔や反省のような話をしている方が多いということ。

昔から、普通にこのような会話がランナーの間で行われているのであるのだが、
反省するのはそこではないのかも。。

仕事が終わらない原因を
「残業がたりないから」
と言っている様なもの。
まずは定時で仕事が終わる様に、仕事の仕方を見直すのが先なのではと。

レースや練習の結果はスタートラインに着いた時点でほぼ決まっているので、
ランナーがやるべきことは、今持っている力を100%に近い形で出すだけで良い。

頑張れなかったり、粘れなかったりするのは、
その時に「頑張れる状態」、「粘れる状態」になかったただけ、
つまり力がなかっただけである。
例え、その状態で根性で「頑張って」結果が良かったとしても、
それは120%の力を出している事になる。
120%なんて普通はそんなに出せるものじゃない。

また、普段の練習やレースで、
120%を出すこと、出そうとする事を当たり前にしてしまうのは、
長期的には非常にマイナスの様に感じる。
それを続けていると身体も心も壊れるから。

トレーニングの目的が、
限界まで追い込む事や速いタイムで走る事、
になってはいけないと思う。

タイムを削る事と強くなる事は別の話。

あくまで生きた身体が、
「適切な」負荷に対して反応して、
身体は強くなる。
身体をモノの様に扱い、ただ痛めつけるのはトレーニングではない。

また「適切な負荷」とは負荷の強さの事ではない。
楽な適切な負荷もあるし、凄く辛い適切な負荷もある。

適切な負荷をかけている時に起こる身体感覚は、
調和やバランスである。

この身体感覚を元に、
負荷をかけると身体は固まらずにより動く様になる。

走れば身体が固まる、ほぐさないと走れない人、
そしてそれを解決したい人は、自分自身を見直したほうが良い。
まずは、
調和やバランスがどういう感覚なのか知る事から。

#nowplaying
SUGAR BOY / 星グランマニエと東京シュガー・ボーイズ(ユニコーン・トリビュート)

整体院 KU:MU
東京都世田谷区北沢 1-45-38 北沢セントラルハイツ302
完全予約制
http://ku-mu.jp/
友だち追加

「今ここに」と大迫傑選手などなど

整体院 KU:MU の柴田です。
http://ku-mu.jp/
友だち追加

通っているヨガスタジオの先生方が、
お話してくださる事の1つに、
「今ここにいること」が大切ですよ
というのがあります。

言葉だけをみれば、
「ここにいない時なんて無いよ!」と思われるかもしれませんが、
「今ここにいる」
とは果たしてどういう意味なのか?
改めて考えてみたいと思います。

 

ケース1
「レースに向けて不安だから、沢山走っておかなきゃ」

ケース2
「今日腰が痛かったから、明日も腰が痛いかもしれない」

これらのケースは、
「今ここにいる」事ができているでしょうか?

例えば、
・ケース1の場合
不安であるのなら、走るというわかりやすい努力感に逃げず、
今必要な最善の取り組みに力を注いだ方が良いかもしれません。

・ケース2の場合
今日腰が痛いからといって、明日痛いとは限らないです。

もちろん上記の視点が絶対的に正しいという訳ではありません。

しかし、
全てのケースにおいておこっているのは、
今この瞬間の身体や判断と向き合わず、
頭の中にある思い込みの中にいる状態です。

 

これは私自身の感覚ですが、
今この瞬間のリアリティと向き合うことは非常に面倒臭いので、
思い込みの世界で物事を処理してしまう方がお手軽です。
そしてお手軽さを選び続けた結果として、
心や身体のコントロールが効かなくなったり、自分自身が生きているというリアリティが希薄になったりと、
現代社会ではこの様なケースは普通にみられる状況だと感じます。
痛みが治りにくいケースでも、よくみられる状態です。

大迫傑選手の発言をみていると、
「今ここにいる」事ができている様に感じます。
https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/rikujo/2017/12/20/___split_67/index.php

「自分のキャパシティを超えないというか、常に謙虚にというか、冷静に自分の力量を見つめることが大事だと思います。周りが求めるままに高い希望を持つのも、何かちょっと違うのかなと」

「例えば1万mで学生新を出した時の走りや、5000mを日本記録で走った時の感覚というのはその時、その瞬間のものでしかないので、僕はすべて忘れるものだと思っています。それにこだわるとか、それを活かしてマラソンをというより、1回それらすべてを忘れてスタートしているという意識です」

————————————————————————

 

 

それでは、
「今ここにいる」にいる為に、
我々がまず出来ることは何でしょうか?

私を含めて多くの人は、
「自分の意識(心)」と「身体」のズレがあるまま、
生活しています。
この「心と身体のズレ」と徹底的に向き合う事が大切な事だと私は感じます。
この作業は自分自身と向き合う事なので、正直かなりしんどいです。
でも覚悟を決めて取り組めば、心も身体も別人の様に変わります。

 

そして、
「心と身体のズレ」と向き合うエクササイズのモニターを、
本日から募集を始めました。

既存のクライアントさんのみの募集ですが、
3名様限定で埋まり次第締切とさせて頂きます。(すでに1名埋まり残り2名)
2018年1〜5月の間、
月1回、60分程、計5回、
1回2000円×5 10000円

全てパーソナルでおこないます。
モニターの為、エクササイズ風景の写真撮影やアンケートなどにご協力頂きます。
ご興味ある方は、お早めにご連絡下さい。

このエクササイズをおこなうことで、
このような一見難しそうなポーズも、練習無しでできる様になりました。

 

整体院 KU:MU
東京都世田谷区北沢 1-45-38 北沢セントラルハイツ302
完全予約制
http://ku-mu.jp/
友だち追加