主観を大切にする

KU:MU整体院 の柴田です。
http://ku-mu.jp/

 

「主観を大切にする」

先日、新規でいらしたクライアントさんとお話ししていて改めて感じた事です。

現在はマラソンブームのおかげか、
マラソンやランニングのトレーニングやフォーム、ケアの仕方など、
ありとあらゆる情報が充実している様に思います。

科学的、最先端のトレーニングなども一般の人が手に入れる事ができ、
色々な選択ができる恵まれた状況です。

 

 

しかし、
当院に来院される方の多くが、
その情報をもとに良いと言われるトレーニングやフォーム改善などをおこなっているにも関わらず、
「これで良いのか?」
「これで合っているのか?」
と、常に何かしらの不安や悩みをお持ちです。

これは健康などの情報に関しても、同じ様な状況です。
色々な情報があるのに、それゆえにより不安が多くなっているように思います。

 

 

 

客観的評価、専門家の意見などを参考する事はとても大切な事なのですが、
それよりも大切なのが、

「自分がどう感じているのか」
「自分がどう思うのか」

の様な主観です。
その主観がないと、
他人からの評価、情報に左右されて、
いつも「何が正しいのか?」の不安にとらわれます。

「何が正しいか?」は自分が決めるもの。
その「正しさ」として
自分が感じる
「スムーズさ」
「違和感の無さ」
「気持ちよさ」

などを指標にする事を私は提案します。

 

 

自分で、
「気持ち良く走れない」
「違和感がある」
などを感じながら、
「本に書いてあった」
「誰々に教わった」
「みんなやっている練習だから」
と自分の声を無視して、他人の意見聞いている事はありませんか?

 

 

ランニングにおいても、健康においても、
まずは自分の声に耳を傾けて、
その声の方向性に基づいて、
他人の情報や評価の良い所を取り入れることをオススメします。

自分の声に耳を傾けられない事は、
すなわち
他人(自分以外のもの)に支配され続ける事
だと感じます。

 

当院では、
身体を通して、
自分の声が聴ける様になる、
そんなお手伝いができます。

ランナーだけでなく、健康にお悩みの方、
身体は悪くないけど何か違和感がある方、
何かピンと来た方、
お待ちしております。

KU:MU 整体院
東京都世田谷区北沢 1-45-38 北沢セントラルハイツ302
完全予約制
http://ku-mu.jp/