「スピードがある」とはなんぞや?

整体院 KU:MU の柴田です。
http://ku-mu.jp/
LINE@ ご予約、お問い合わせにご利用ください。
友だち追加

 

6月に走った日は全部で2日でしたが、
今月入ってからすでに2日も走っています。
少しずつランナーの仲間入りをしているんじゃないかと。

この前の日曜日は、
昔、非常にお世話になっていた方主催の練習会に初参加。
偶然、昔のクライアントさんにも会え、
とても良い1日になりました。

メニューは(400m×4本)×4セット!
ランナーの卵の私にとっては、ずいぶんハードな練習なのかもしれませんが。
最後の1本までは力を使わず落ち着いて、
ラストだけ頑張りました。
そのラストの動画がSNSにあがっていたので、
https://www.facebook.com/tokyo42195.net/videos/2181446885418671/

たまには、練習やっている証拠を。。
走力はさておき、我ながら全身で走れている感はダントツかと(3番目が私)
先頭を引いてくださっているのは、我々の世代では有名選手だった方ですが、
動きだけなら自信を持って負けていないのではと、自惚れています。

そんでもって、
表題のスピードの話なんですが。

昔からスピードに関しては、
ある程度天性の部分が多いと考えていて、
今でもそれは変わりません。

ただ、市民ランナーにおいてのスピードというのは、
ちょっと違って、
ほとんどの方が今よりも向上させられるのではないかと思います。

先ほどの動画をみると解ると思いますが、
スピードが出ている方とそうでない方では、
力の出力のタイミングと方向が全く違います。
これは筋力の質とか量以前の話で。

この辺を改善するには、
・身体の緊張を抜いていく事
・高い質の「中心を捉える感覚」「良い感覚」を経験し、その数をこなす事
が大切で、
丁寧に身体を変えていけば、本当に変わると思います。
私自身も昔より、ずいぶんと力が中心に集約された走りになりました。

ただ、
この丁寧にというのが、
どうやら多くのランナーにとって難しい事らしいのです。。

個人的にはその辺りとちゃんと向き合う事が、
別次元のスピードを手に入れる可能性につながると思っています。

つづく、かも。

 

#nowplaying
スピード / BUCK-TICK

整体院 KU:MU
東京都世田谷区北沢 1-45-38 北沢セントラルハイツ302
完全予約制
http://ku-mu.jp/
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です