抽象度とランニング

整体院 KU:MU の柴田です。
http://ku-mu.jp/
LINE@ ご予約、お問い合わせにご利用ください。
友だち追加

 

院内の本棚の一角。
このコーナーを見て気になっている方がいるのかいないのか知りませんが。。

本当にどうでも良い話なんですが、
昔この氣志團をよく聴いていました。

世代的には、ヤンキー文化の影響はほとんど無いですし、
私自身、中学から私立のそれなりに校則も厳しい学校に通っていた為、
身近にはこんな格好をした人は誰1人いなかったです。

そんな私がなぜ氣志團を聴いていたかというと、
「センスが良い」
からでした。
もうこの時点で、私自身のセンスを疑われるかと思いますが。。

 

アートワークやグッズ、曲などに散りばめられた、
パクりセンスというか、オマージュセンスというか。
その徹底ぶりが素晴らしくて。

説明する事は非常に野暮な事ですが、
2枚目の写真は「コーネリアス」Tシャツと見せかけて、
「セロニアス」、さらには小さくレーベル名「ラリットリア」
とプリントされています。
※トラットリアにちゃんと許可を取っているらしい。。

 

本来、真逆であるものを、
絶妙に組み合わせているセンスに、
当時は大変感動しました。

色々元ネタを調べると面白いバンドなのでご興味がある方は。

   

 

話はえらく飛びますが、
一見関係ないと思われる事の共通点をみつけ、
それを繋げる能力(抽象度の高さ)というのは、
ランナーにとって大切なのだと感じます。
 
市民ランナーはトレーニングに費やせる時間は限られています。
 
ランニングやその為の練習だけから学ぶのではなく、
ランニング以外の競技や日常生活や仕事から学んだ事をランニングに生かす。
または、ランニングを日常や仕事に生かす、
そんな心構えだとより良いランニングライフが送れるのではと思います。

 

#nowplaying
デリケートに好きして / 太田貴子

整体院 KU:MU
東京都世田谷区北沢 1-45-38 北沢セントラルハイツ302
完全予約制
http://ku-mu.jp/
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です