大腿四頭筋は大切

下北沢、池ノ上、東北沢、
KU:MU整体院 の柴田です。
http://ku-mu.jp
友だち追加

立て続けに何人かのクライアントさんから来院時に、

——————

ネットのランニングの記事や、登山の講習会で、

腿の前の筋肉(大腿四頭筋)は使わない方が良いというのを知って、

腿前を使わない様に運動していたら膝に痛みが出る様になった

——————

との話がありました。

 

 

(大腿四頭筋は大腿直筋、内側広筋、中間広筋、外側広筋からなります)

 

大腿四頭筋はブレーキ筋などと呼ばれたりもして、

ブレーキ筋をあまり使わず、

アクセル筋と呼ばれる腿裏やお尻、お腹の奥の大腰筋を使うのが、

効率の良い身体の使い方である

という様な理論や指導が、数年前から広まる様になりました。

(一般の方にもこれだけ広まっている事に驚きです)

 

結論から言うと、

腿の前の大腿四頭筋もとても大事で、

この筋肉もちゃんと「働く状態にしておく」ことが大切になります。

(もちろん大腿四頭筋を使いすぎない様にという理論の言いたい事も良くわかるのですが。。)

 

 

多くの方は、

そもそも膝の屈伸動作やスクワット動作の途中で、

大腿四頭筋の出力が落ちるレンジがあります。

ご本人は自覚しづらいかもしれませんが、

解る人にちゃんと見てもらうと、はっきりと解ります。

 

そして、

特定の関節角度での大腿四頭筋の出力が落ちている結果として、(細かいメカニズムはここでは省きますが)

腿裏、お尻、大腰筋などの体軸に関連する筋肉が使えていないというケースが、

非常に多いです。

ですので、

大腿四頭筋を本来の働きをちゃんとさせるという事は大切なのです。

 

 

 

安易にランニングフォームを変えたり、歩き方を変えるのではなく、

まずは、人間が本来持っている基本的な関節の動きがスムーズであるかをチェックするのが良いです。

今回のケースでいうと、

屈伸、スクワットなどで膝関節がスムーズに動いているかをチェックし、

出力が落ちている原因に対して、施術やトレーニングのアプローチをおこないます。

(大腿四頭筋の出力が落ちる原因は多々ありますので、専門家にみてもらいましょう)

 

 

色々な理論がありますが、

私個人の意見としては、

頭で考えた不自然な動きをインストールする必要はなく、

ランニングフォームや山の登り方を修正する必要もないです。

 

見直さなければならないのは、

ランニングなどの実動作ではなく、

「悪い動作をしてしまう身体」

の方です。

もしくは、実動作ではなく、「もっともっと基本的な動作」。

 

全身の繋がりがあり、

個々の部位がそれぞれちゃんと仕事をしている身体の状態であれば、

頭で考えなくても、身体は勝手に適切な動作をおこなってくれるのです。

 

当院の施術やトレーニングを続ける事で、

身体は確実に変わってきます。

 

 

KU:MU 整体院
東京都世田谷区北沢 1-45-38 北沢セントラルハイツ302
完全予約制
http://ku-mu.jp/
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です